浜田探検隊

浜田市のゴミ袋が高い?:浜田探検隊

 

生活をしていると必ずゴミが発生します。ゴミが溜まったらゴミ袋を持ってゴミを捨てに行くと思いますが、ゴミの分別を間違ってしまうと近隣住民とのトラブルになることもあります。もちろん浜田市にもゴミの分別にはルールがあります。また、新しく浜田市に住んでみようと考えた際にもゴミの分別を知っておきたいですよね。
そこで、浜田市のゴミの分別方法と、ゴミ袋の価格について紹介します。

・浜田市ではゴミ袋が有料です

地方自治体によっては、ゴミ袋は何でも良いという場合もあるようですが、浜田市ではゴミの分類ごとに指定ゴミ袋が決まっています。ゴミは各町内にあるゴミステーションで回収され、分類ごとに回収される日が違います。収集日は住んでいる町によって変わります。
指定ゴミ袋は、スーパーやコンビニで分類ごとに販売されていますので、お買い求めください。ゴミ袋の価格に付きましては、下記のゴミの分別の部分で紹介させていただきます。

〇ゴミの分類について

浜田市のゴミの分類は、大きく分けて燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、ペット・プラ、ビン、空き缶、危険物・有害物、古紙類、粗大ごみになります。

燃えるゴミ
燃えるゴミは紙くずや残飯、そのほかの可燃性のゴミはもちろんのこと、布・皮・ゴム製品が燃えるゴミとなります。革製のかばんは大きいなどのため燃えないゴミに分類されています。さらに、浜田市では資源にならないプラスチック類は燃えるゴミとして処理されます。
代表的な物としては、プラチック性食品保存容器、ビデオ・カセットテープ、ボールペン、発泡スチロール、バケツ・洗面器、フィルム、プラモデル、CD、歯ブラシ、プラスチック製のおもちゃ、プラマークのないレジ袋があります。
また、可燃性品でも袋に入らない物や長さが50㎝以上の物は粗大ごみとなりますので、ゴムホースなどの長くて切れるゴミは切ってから捨てましょう。
1ロール10枚のゴミ袋(緑色)の価格:大432円 中324円 小216円
燃やせないゴミ
燃やせないゴミは、ガラス類、陶磁器、金属類、小さい家電製品(髭剃り・ドライヤーなど)が該当します。大きな家電製品や指定袋に入らない物、50㎝以上の長さがある物は粗大ごみの対象になりますので注意してください。
また、ライターやガス缶、スプレー缶、乾電池、水銀温度計などは危険物・有害物になりますので、燃やせないゴミとしては回収できません。危険物・有害物の項で紹介します。
1ロール10枚のゴミ袋(青色)の価格:大432円 中324円 小216円 極小108円
ペット・プラ
ペット・プラは資源として有効活用ができるペットボトル、プラスチック製品をすてるゴミ袋になります。資源に利用できないプラマークがついていない物は燃えないゴミで捨てましょう。
下記のマークがついている物は、ペット・プラのゴミ袋に入れて捨ててください。

1ロール10枚のゴミ袋(水色)の価格:大216円 中162円
ビン
ビンは軽く水洗いして中の水をよく切ってから、捨ててください。タバコの灰皿などに利用する人もいますが、吸い殻などは綺麗に洗い流して捨てましょう。
また、ビンでも化粧品や薬品のビン、割れた瓶は燃やせないゴミになります。
1ロール10枚のゴミ袋(橙色)の価格:中162円 中108円
空缶
空き缶もビンと同様に軽く水洗いし、水切ってから捨てましょう。ガス缶やスプレー缶は危険物なので間違わないようにしてください。
また、塗料缶や一斗缶は燃やせないゴミになります。
1ロール10枚のゴミ袋(橙色)の価格:中162円 中108円
粗大ごみ
粗大ごみは家電製品や燃えないゴミや燃やせないゴミの袋に入らない大きなゴミが該当します。燃えない粗大ごみと燃える粗大ごみに分けられ、ゴミの種類によって回収日が違います。
決められた手数料分の粗大ごみシールを張り付けることで回収してもらえるのですが、250円品目と500円の品目がありますので、事前に把握しておいてください。
○250円の品目は、椅子(一人掛用)、座椅子、ふとん(2枚まで)、スキー板、電子レンジ、チャイルドシート、ストーブ(灯油、電池は抜く)、一輪車(遊具用)、スーツケース、自転車(14インチ以下)になります。
○500円品目の品目は、椅子(二人掛以上用)、マットレス、じゅうたん、カーペット、ベット、ベビーベット、マッサージチェア、ネコ車、自転車(16インチ以上)です。
スーパーやコンビニで購入できる粗大ゴミ用のシールをゴミに入って捨てましょう。
危険物・有害物
ライターやガス缶、スプレー缶、乾電池、水銀温度計などの危険物・有害物は燃やせないゴミの日に透明か半透明の中身が見える袋に入れて捨てることができます。
これらのゴミは指定袋がありませんので、無料で回収してもらえますが、安全のため必ず使い切って捨ててください。
また、家庭用のゴミのみなので、危険な薬品や危険な産業廃棄物は捨ててはいけません。
古紙類
古紙類は新聞、雑誌広告、段ボール、牛乳パックなど分けてヒモでまとめて捨てましょう。
段ボールは折りたたみ、牛乳パックは切って開いて水洗いしてヒモにまとめてください。
まとめる際は、ガムテープや粘着テープを使用しないでください。

〇5万人の市でゴミ袋の価格比較!

浜田市のゴミ袋の価格と処理の方法について説明をしましたが、浜田市のゴミ袋の価格が他の市町村と比べて高いのか気になりますよね。そこで、似たような人口と面積の市を他県から2つ、島根県から1つ例を出します。

新潟県南魚沼市(みなみうおぬまし)
人口 : 57,074人 (平成30年11月30日 現在)
面積 : 584.5km²
燃えるゴミ袋の価格は500円(※20枚入りで1000円で販売)
富山県南砺市(なんとし)
人口 : 51,134人 (平成30年11月30日 現在)
面積 : 668.6 km²
燃えるゴミ袋の価格は200円
島根県雲南市(うんなんし)
人口 :38,563人 (平成30年11月30日 現在)
面積 : 553.4 km²
燃えるゴミ袋の価格は450円

このように、ゴミ袋が安い市町村では200円代ということもあるようですが、一般的に300~600円代のところが多く、ゴミ袋が高い市町村では、10枚で1000円を超える場合もあり、浜田市のゴミ袋の価格は普通です。
また、島根県ではすべての市町村でゴミ袋が有料であり、ほとんどの市町村が10枚で、およそ400円となっています。浜田市の隣市である島根県益田市では燃えるゴミ袋10枚の価格は600円、島根県江津市では450円となっています。
ちなみに、首都である東京は23区は指定ゴミ袋がなく無料で、23区外は燃えるゴミ袋10枚で600円~800円が一般的です。

 

〇ゴミについてわからない場合

どうしてもゴミの分別についてわからないことがあれば、浜田市 市民生活部 環境課にお問い合わせすると良いでしょう。

• 浜田市 市民生活部 環境課
電話:0855-25-9420
メールアドレス:kankyou@city.hamada.lg.jp

また、ゴミの分別がさらに詳細が把握したいという場合には、下記のURLから品目名からゴミの種類を把握することができます。
http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1001000001103/index.html(ゴミの分別早見表)

ゴミは正しく分別しましょう!

 

この記事が参考にしたサイト

http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1001000003096/index_k.html(ごみの種類と分け方、出し方(一般家庭):浜田市ホームページ)

http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1506398745921/index.html(ごみの分別方法が一部変わります!:浜田市ホームページ)

当サイトの情報は2018年12月のものです。法改正などによってゴミ分別方法が変更になる場合があります。
また、一般家庭用のゴミの説明であり、産業廃棄物の処理方法ではありません。

最新記事