電気料金を安くするには?昔から同じプランだと高い電気料金かも!| 浜田街NAVI-観光情報

日常生活をする上で必要になる電気代を節約する方法はないかと思っている人も多いのではないでしょう。ネットの情報を見ていると、アンペアを下げることで電気代を節約することができるなんて言われることもありますが、これは電力会社のプランによって違い、実は中国電力は当てはまりません。
また、昔から同じプランを使用している人の中には、実はもっと安いのに損をしている人がいます。そこで、島根県浜田市ではどのような電気料金の設定になっているのか、どうすれば節約できるのか解説していきます。

〇アンペアを変更しても安くならない理由

ネットの情報ではアンペアを下げると節約になるとされますが、これは「従量電灯B」で契約している場合で、島根県浜田市に電気を供給している中国電力の一般的なプラン「従量電灯A」の場合は、アンペアを下げたとしても、ブレーカーが落ちやすくなるだけで、同じ電気量なら電気代は一切変わりません。
中国電力にも従量電灯Bのプラン自体はありますが、これは一般家庭向けではありませんが、商店や電気の消費量が大きな2世帯住宅の使用が推奨されるプランで、最低のアンペアが高いため、電気の使用量が非常に多くない限り、利用する意味がなく、最低にしても基本的に元よりも高額になります。
また、ブレーカーを変えるための費用が掛かるので、従量電灯Bをはじめから契約していない家庭は、変える必要性がありません。

従量電灯Aではアンペアは料金に関係がありませんが、アンペアを下げると同時に使用できる電化製品が減るので、利用者の意識によって電気の使用量が低下が期待できます。
そのため、節電意識を高めたいと思っている人は、あえてアンペアを下げても良いです。
ちなみに、中国電力の場合は、アンペアを変更による料金が変わらないので、電力会社ではなく電気屋さんでブレーカーを変えてもらうことで、アンペアを変更することができます。
電気屋さんによって違いますが、5000円前後の工事費用がかかります。そのため、電気の使用量が変わらなければ、工事費が払っただけで損をする可能性が高いです。

アンペアを変更する場合には、節電することができるのかよく考えて行うようにしましょう。

〇中国電力ではどうやったら安くなるの?

中国電力はアンペアによって電気代金の変更はないので、加入するプランによって電気代金を節約するか、そもそもの電気の使用量を節約すると安くなります。
中国電力では(平成31年現在)電気の使用方法にあわせて大きく4つのコースを用意しており、「少量の電力を使用する方におすすめのスマートコース」「日中の使用せずに夜間や休日の使用が多い人にナイトホリデーコース」「1月に400kwを超える電気量を使用する人におすすめのシンプルコース」「オール電化などで電気の使用量が多く夜間や休日に電気を使用する人におすすめの電化styleコース」があります。
もともと、従量電灯Aしかなかったので昔からそのまま電力会社と契約しているという人は、この4つのプランを利用しておらず、余分に電気料金を払っている可能性があります。家族が電気を利用している時間帯や、1月に利用している電気量から考えて電気プランを変更する事をお勧めします。
電気料金は夜間や休日が安くなりやすいので、「ナイトホリデーコース」に変更して、できるだけ夜間に使用すると節約の効果が高いです。

プランを変えると安くなるといわれてもどの料金コースにすれば良いのかわからないという人もいると思います。そんな人はまずは先月の電気料金から、シミュレートしてみると事をお勧めします

こちら(シミュレート)から中国電力の電力会社の料金が調査できます。

従量電灯Aの場合、スマートコースにすると必ず安くなり、電気の使用方法のよっては他のコースの方が安くなる場合があります。シミュレートすると、どれが一番安いのかランキングで表示してくれるので、わかりやすいですよ。最近では、電力自由化により中国電力以外の電力会社から電気を供給してもらうことで、節約することができます。大手以外の電力会社でないと電気の供給力が不安になるかもしれませんが、送電線は中国電力の物を利用するので、電力会社を変えたからといって電力が不安定になることはありません。

従量電灯Aの電気料金
電力量 15kwhまで定額 331円23銭
15kwh超過 1kwh事に20円40銭加算
120kwh超過 1kwh事に26円96銭加算
300kwh超過 1kwh事に29円04銭加算

更に、燃料費調整額と再生エネルギー発電促進賦課金に消費税8%を加えた金額が電気代金となります。
燃料費調整額(1kwあたり約1円 15kwhまで定額で約15円)と再生エネルギー発電促進賦課金(1kwh当たりおよそ3円 15kwhまで定額で約45円)は状況によって変わるので、金額の計算は行っておりません。
従量電灯Aに加入している場合は、他のコースを選ぶと安くなるので、見なおしましょう

〇ネットで開通できますよ!

引っ越しに際して、電気を止める・使う場合はインターネットから行うことができるようになりました。
電話でお願いするのが面倒、夜じゃないと申し込みができない、事前に日付を指定して電気を通してもらっておきたいという人は、ネットで電気を開通させてみてはいかがでしょうか?

こちら(ネット申し込み)から電気の開通ができます。(外部リンクに飛びます)

昔から使用しているプランでは電気料金を余分に払っているかもしれません。今一度電気料金を見直してみましょう。