浜田川に河童が生息している?浜田で河童を捜索してみてはいかが!| 浜田街NAVI-観光情報

浜田は、自然が豊かで古き良き風景が残る田舎街です。特に山間部の金城や旭、弥栄、三隅などでは自然がいっぱいで、のどかです。
そんな、浜田では猿猴(えんこう)と言われる河童の伝承が残っており、浜田川には河童が住んでいるなんて言われています。残念ながら筆者は一度も見たことはありませんが、いると思っています。
もっとも、よく知られるのが河内町に生息していたといわれる河童で、「浜田川に綺麗な花が流れているので子どもが拾おうとすると、親が河童が化けているから拾ってはいけない」と叱るお話があります。
現在では、可愛いイメージがある河童ですが、実は河童は子供を川に引き摺りこんで、尻子玉(内臓)を食べると言われる非常に危険な妖怪です。子どもが花を拾っていたら大変なことになっていたかもしれません。
また、この話は川は危険だから近づかないようにいいつけるためでもあります。

さらに、浜田市三隅にある三隅川でも猿猴の話は残っており、「川に刀が刺さっており、怖くて近づけないという猿猴の夢を住職が見たので、村の勇敢な青年が名乗りでて刀を抜いて猿猴を助けてあげると、お礼に川魚と薬石を猿猴がくれた」というお話です。
このように、浜田市の川には猿猴の伝承が多く残っており、浜田川と三隅川の両方に河童がいると言われているのです。

〇猿猴の見た目を知ろう!

河童というと、緑色の体色にカメのような甲羅と黄色のくちばしがある事が良く知られています。猿猴は河童の1種として知られており、河童であることは間違いありませんが、一般的に連想される河童と猿猴は違います。
猿猴という名前からも連想できるかもしれませんが、見た目はサルに近く、体は毛でおおわれています。諸説ありますが、テナガザルように手が長いといわれることも多く、テナガザルがモチーフになったとも言われます。
三隅川の伝承に残っている猿猴は、体の2~3倍もの長さの腕があったといわれており、一般的にイメージにされる河童とかけ離れていることがわかります。もし河童を浜田市で捜索する場合には、一般的な河童と見た目が違うので十分に注意しましょう。

また、河童のモデルはカワウソであるといわれることもあります。一般的に知られる河童とカワウソは似ても似つかないですが、猿に近い生き物という事ならモチーフになったことが理解できるのではないでしょうか?
昔はいろいろな川で、日本カワウソがいましたが、現在は絶滅してしまっており、カワウソを日本で見かけることは無くなってしまいました。河童の発見例が少なくなったのもカワウソがいなくなったからかもしれません。
そもそも、河童の見た目の伝承としてはサルやカワウソに近いものが多かったようで、時代とともに山になじみがない江戸でカメに近い河童が変わり、出版物などで全国的に今の河童のイメージがついてしまったようです。

また、河童は複数の種類がいると言われ、地域によって見た目や特徴に違いがあります。浜田川の河童は綺麗な花に擬態する能力を持っていたりするので、いろいろな地方の河童を調査すると面白いですよ。

〇河童を捜索する際の注意点

浜田川に生息している河童は、伝承によると綺麗な物に化ける能力を持っており、不用意に近づくと川に引きずられる危険性があります。何か発見した場合でも川に入る際には十分に注意しましょう。河童がいなくても川は滑りやすくなっている所がありますので、小さなお子さんや泳げない人がいる場合には注意してください。
また、川で捜索する場合には、基本的に一人で行動はせずに、複数に行動することが大切です。河童に遭遇しなくても怪我をして動けなくなってしまうと大変です。
怪我をしないように長袖長ズボンを着用しましょう。川の周辺にはマムシや、ヒル、蚊、マダニがいる可能性があります。特に草の中のかき分ける場合には準備をしてください。虫よけスプレーや、滑りにくい靴など準備することが大切です。

今週は、皆で河童を探し言ってみてはいかがでしょうか?