浜田にきた方を出迎えてくれるどんちっち神楽時計!| 浜田街NAVI-観光情報

浜田市では、石見神楽(いわみかぐら)という日本の神話を主な題材とした、演劇性の高い伝統芸能が昔から楽しまれています。地域のお祭りなどでよく披露されており、地域によっても少しずつ舞いに違いがあります。
石見神楽の石見は、島根県西部の石見地方(いわみちほう)のことです。伝統芸能と言われると、ゆったりとした旋律で大人が楽しむイメージが強いかもしれませんが、石見神楽の囃子(はやし、音楽の事)はテンポが速いのが特徴の一つであり、軽快な旋律が特徴となっています。
また、衣装も絢爛豪華で金糸・銀糸と織り込んでおり、舞うたびに光が反射して綺麗です。さらに、花火を使用することも在るほど演劇性が高いことも特徴の一つとなっています。

そのため、石見神楽は子どもにも人気が高いのが特徴であり、お祭りがあると神楽を見に走っていく小学生を良く見かけます。幼児にも人気があり小さい子どもたちは、神楽の事を囃子の音が由来となっている「どんちっち」と呼んでいます。
園児が幼稚園で舞うこともあり、私も幼稚園のお遊戯会で神楽を披露しました。もちろん、大人にも人気であり、浜田の人に街の自慢をきくと多くの人が神楽か、魚を押してくるぐらい、神楽は人気です。
そんな、浜田市民に昔から愛されている石見神楽ですが、浜田の玄関口である浜田駅に石見神楽を題材にしたからくり時計があります。軽快の囃子と見た目の面白さから、浜田市に遊びに来た多くの人を楽しく出迎えてくれます。

〇どんちっち神楽時計の特徴

どんちっち神楽時計は、平成15年に日本宝くじ協会の全額助成を受けてつくられたからくり時計で、通常時の高さが6m51㎝もある巨大からくり時計です。また、神楽の時計の屋根に使用されている瓦は、日本三大瓦の一つである石見地方の名産品の石州瓦です。

石州瓦は高温で焼き上げることで、耐久性が高く凍害に強いため寒い地域に適している瓦として知られ、独特の赤褐色を瓦は街中でもよく見かけます。
神楽時計は浜田市が所有しており、からくりが起動すると、2m高くなって8m51㎝になり、中から大蛇やスサノオノミコト、恵比寿、鬼と言った人形が登場し、囃子にあわせて舞ってくれます。

また、場所によって配置されている人形に違いがあり、どの人形も石見神楽の中で人気がある演目に登場する神や鬼です。鐘馗(しょうき)はスサノオと良く似ていますが、鐘馗は中国のお話を元に作られており、帽子や顔の形に違いがあります。

登場する大蛇の色も見る場所によって違うので、ぜひ一度いろいろな角度から確認してみてください。ユーチューブに動画が上がっているので、そちらでも楽しめますが、実物は迫力があってもっと面白いです。

浜田に来た際には、ぜひ一度見ていただきたい、スポットの一つです。私も神楽時計ができた当初は、年に何度も神楽時計を見に行きました。

〇からくりが動いている時間

どんちっち神楽時計自体は、浜田駅からいつの時間でもみることができますが、からくりは毎日決まった時間のみ稼働します。
からくりは1時間に1度起動し、朝の8時間~夜の9時までの間の1日に14回起動します。からくりが動いている時間は、約5分間なので見逃さないように注意してください。
ちなみに、浜田駅側からみると確認できる台座の波の模様は常時動いているからくりで、よくみると波が動き続けているのがわかります。


※浜田市観光協会のyoutubeより

基本的に毎時間稼働しますが、風が強いとからくりが稼働しないことがあります。天候が悪い日は動かないこともある事を覚えておきましょう。
最後に一番上にいる大蛇が、須佐能の尊(スサノオノミコト)に首が切られるのが見どころの一つです。ぜひ最後とは一番上にいる大蛇に注目してください。

浜田に来た際には、ぜひ一度からくり時計が動くところをみてくださいね。