浜田探検隊

山の幸「イノシシ」しっかり噛み応えと強い肉の味が楽しめます!:浜田探検隊

浜田は非常に多くの森林に囲まれていることもあり、山の生き物が住める土地は広がっているので、山には多くの生き物が住んでいます。

たまに熊が出たりするので自然が多いというのは危険な事もありますが、山に住む動物が私たちに恵みを与えてくれることもあります、その一つがイノシシ肉です。

熊は危険性が高い生き物ではありますが、基本的に臆病なので人の気配がすれば逃げますし、滅多に町に降りてくることmおありません。

毎年のようにイノシシ肉をたべており、豚肉と比べて食べ応えがあり、イノシシ肉が食べられるのを楽しみにしています。

 

 

イノシシの肉をイメージする上でもっとも近いと思われる肉質は豚肉でしょう。

というよりも豚は、イノシシを家畜することによって誕生していますので、豚肉がイノシシ肉に近いと言えるかもしれません。

違いとしては、豚肉に比べて肉質がしっかりしており、お肉の風味が強いというところでしょう。

柔らかいお肉が好きな人は豚肉がおすすめですが、イノシシ肉は肉質がしっかりしているので噛み応えしっかりあります。

また、噛めば噛むほどお肉の味が強くなるので、味わいの強いお肉が好きにはたまらないでしょう。

 

 

一般的にメスのイノシシの肉質が柔らかく美味とされていますが、しっかりとした噛み応えと肉の味を楽しみたい人は、雄の方がおすすめです。

メスの猪肉も豚肉と比べるとしっかりとしています、個人的な意見としてもメスの猪肉ぐらいがちょうどよい噛み応えでおいしいです。

また、イノシシは家畜化されて管理されているわけではありませんので、個体のよって肉質に違いが出やすいのも特徴の一つとなっています。

イノシシ肉には当たりとはずれがあると言われますが、これは肉の個体差が出るためです、人によって好みは違うと思いますので、何度が挑戦してみると面白いと思います。

さらに、罠で仕留めた場合には、罠にかかっている時間が長いほど罠にかけられた足の味は落ち、狩りの後に血抜きを素早く行う事も大切になります。

 

食べる時期や、個体差、調理の速度によって毎度違う味を楽しむことができるというのも、イノシシ肉を食べる楽しみの一つといえるかもしれませんね。

 

 

 

栄養面に関していえば、イノシシは豚に比べてタンパク質の量が多いのです。

タンパク質は、体を作るために必要な栄養素であり、爪や髪、皮膚など至るところに存在している物質であり、美容とも深く関係がある物質です。

実は、美容成分として注目されているコラーゲンもタンパク質の一種でもありイノシシにもコラーゲンは含まれています。

部位によっても違いはありますが、タンパク質が豊富に含まれているイノシシ肉は、女性におすすめなお肉と言えます。

また、部位によって脂も非常に多くありますが、きちんと血抜きが行われているイノシシ肉はしつこくなくて食べやすいです。

 

イノシシ肉は臭いと言われることも多いのですが、これは狩った後の処理がきちんと行われていなかった場合が多いです。

おいしいので、ぜひ一度、イノシシ肉を食べてみてください。

 

イノシシ肉のくさみは下処理で!

デミグラスソース鍋で頂くイノシシ肉の洋風レシピ

弥栄町獣肉加工処理施設のイノシシ肉がうまい!処理でイノシシ肉は化ける!

最新記事